オカルト速報 【ほんのり】エリンを追う俺、を追うカヤコもどき、とカオスな状況。見ていた母親だった人にはカヤコは見えてなかった
オカルト速報 【怖い話】たびたび物乞いに来る女が、いつもお世話になっているので私が人柱にと名乗り出た、と記録にはある……
オカルト速報 【オカルト三篇】怖い体験談 物置部屋から缶が落ちる / 「君の家赤ちゃんいる?  何号室?」/ 上に足がちらっと
オカルト速報 【怖い話】医者は腎臓が悪いからたんぱく質を多く含む食べ物を与えてくださいと言った
オカルト速報 【都市伝説】ハマると面白いオカルト・都市伝説を教えて
オカルト速報 【ほんのり】ボケーッとしていたら目の前に女の人がいた。 どうせすぐ消えるだろうと思っていたら、どんどん顔を近づけてくる。
オカルト速報 【オカルト三篇】幽霊と不法侵入の見分け方 / 自分のお腹から声がする /  予知能力があってつらい
オカルト速報 【オカルト】「何度も何度も幽霊を見ようとした!  でも何をしたって見えなかった!!   なのになんで何も知らない女の人は見えるの!?」
オカルト速報 【オカルト】礼拝堂のボロボロのマリア像と御子に触れてから数々のオカルト体験をするようになり、反発して科学者を目指した。
オカルト速報 【異世界】自分は平行世界を移動しているかもしれない
オカルト速報 【さくっと読めるほんのり怖い話】『新しいイヤホン』『何かが剥がれていく感覚 』『これが証拠!』
オカルト速報 【オカルト】「何が気味が悪いだよ!何でもないじゃん!」 幼き好奇心を見事に裏切られたと思ったら……「あれ?」 
オカルト速報 【怖い話】性格試験の20問目くらいから、なんかおかしい問題が続く。「車に轢かれても笑って許せる性格だ」 「片腕でも生活に不便さを感じない」
オカルト速報 【オカルト】ここは五階と言う名の四階、もちろん窓の外は何もない。それ以来、幼い娘が誰かとお話するようになった。
オカルト速報 【異世界】俺はこの世界にきて3年半たってしまった。戻りたいっておもうのに、どうしたら戻れるのかも分かんない
オカルト速報 【ほんのり】「車の上に人が乗ってる」って会話してんのが聞こえた。サンルーフの乗り出しは注意されてるのに無くならないな。
オカルト速報 【オカルト】おばあさんは毎日「黒い男の人が迎えに来る」と騒いだが、年寄りの言うことだから、と看護師は取り合わなかった。
オカルト速報 【怖い話】これが怖くないってやつは平和ボケしてないか?  無事でよかったね
オカルト速報 【オカルト】落ち武者の生首に両足首の掴まれたようなアザ……よく聞く話なのはよく起こる現象だから。創作認定したって恐怖から逃れられるわけじゃない。
オカルト速報 【オカルト三篇】『い も う と』『この映像を見たら何かが起こる』『畳を踏むような篭もった足音が、ミシリ、ミシリ、ミシィ』
オカルト速報 【ほんのり】今まで霊感なんてなかったし金縛りすらあったことなかったから焦ってたが、彼氏は意外と冷静だった
オカルト速報 【オカルト】いつものように悪夢で飛び起きたが、目を覚ましたはずなのにまだ自分を呼ぶ声がする。恐る恐るその声のもとへと辿ってゆくと……
オカルト速報 【不思議な話】「怖い顔をしたじいさんがこっちに手を差し伸べてきたから、それを振り払って、 欄干から飛び降りた。どうだ、行動力があるだろう」
オカルト速報 【オカルト】寝ようと思ってクローゼットに背を向けると「ギィ…ギィ……」って聞こえる
オカルト速報 【怖い話】あの家の日常は あそこに写真のように切り取られたまま、あそこに在り続けるのだろうか
オカルト速報 【ほんのり】夜の人気のない道。友人たちと別れてすぐに、女性の鼻歌が聞こえてきた。
オカルト速報 【怖い話】「○○とこのガキじゃないか。どうした大丈夫か」 張りつめた緊張が色んな形で切れ、俺は耐えられずおんおん泣いた。
オカルト速報 【不思議な体験】神と会った。自称、ですが私にはそうとしか思えなかった。
オカルト速報 【オカルト】下山してる途中、下から登ってくる中学生くらいの坊主の子供とすれ違った。何と言うか……写真っぽい。
オカルト速報 【異世界】みんな平行世界移動してるはずだけど、気づかない? ちなみに俺は毎日少しずつ世界を移動し続けてる。
オカルト速報 【ほんのり】偶然も重なると怖いよね。祖母は私を溺愛してくれてる。でもこれ偶然、だよね…?
オカルト速報 【オカルト】10分くらいして、今自分が全然知らない道を走っていることに気がついた。知らない場所という以外は、とくに変わったところもないような……
オカルト速報 【オカルト二篇】そのおばちゃんが消えてしまった、自転車もろとも。 / 寝室に住み着いてた女の霊はいつもへばりついていた
オカルト速報 【オカルト】やたらと髪の抜ける私は、古いアパートの二階、角部屋に住んでいます。
オカルト速報 【オカルト】その女の子に会ったのは3~4歳の頃。 白い着物に赤い帯を締めた、サラサラの髪のとても綺麗なお姉さんだった。
オカルト速報 【ほんのり】異世界話でも度々出てくる謎の祭囃子……音がする方へは決して行ったらあかんで
オカルト速報 【不思議な話】彼女に対する違和感は、格好や雰囲気からは感じられるものの、 死者のような不気味さはなかった。
オカルト速報 【オカルト】ウォークインクローゼットが数センチあいてたんだけど、そこから真っ白い腕だけ出て空中でニギニギしてた。
オカルト速報 【オカルト】ここまでが自分の記憶。ここからは父から聞いた話。食い違っているから俺に聞かれてもわからない。
オカルト速報 【異世界】平行世界は例えて言うならパソコンの再起動かな。上の世界へ移動となるとOSアップグレード。
オカルト速報 【短篇集】サクッと読めるほんのり怖い話『洗面台の下に体操座りでうずくまる男の子』『誰も待っていないバスの停留所』
オカルト速報 【怖い話】友人が31歳で癌で死んだ。1年前の検診では正常だったのに癌が発見された時は手遅れだった
オカルト速報 【オカルト】私がふざけて「なんか憑いてきてる! お祓いしてあげる!」と、数珠を取り出して彼の背中をさすり始めた
オカルト速報 【オカルト】とうとう8回目の金縛りの時に自分の顔と数センチのところまで近づいてきて、最終的に……
オカルト速報 【信仰・風習】俺「何で聖書や神話ってみんな似かよってるの?」シッチン「アヌンナキ」比較神話学者「ローラシア神話と呼ばれる一つの神話だったから」
オカルト速報 【ほんのり】ソレは3メートルはゆうに超えてるであろう女性の姿をしていた。黄色い花柄の膝丈まであるスカートに、緑色のワイシャツ
オカルト速報 【オカルト】急に道路の真ん中に髪の長い女の子が現れた。四つん這いから立ち上がった。 高校のブレザーみたいだった。
オカルト速報 【オカルト】すぐさま引き返したんだけど、いくら走っても元の道にはもどらない。そして、化け物のようにデカイ木が目の前にあった。
オカルト速報 【オカルト】子供の頃から、人の死の瞬間を夢で追体験することがある。人って死ぬ瞬間にしょうもないこと考えたりするんだなぁ
オカルト速報 【異世界】世界を平行移動している人の中には、部屋の物の配置が全く違ってた、お財布の中のお金が違ってた って人がいました